Laravel勉強会[04]~テーブルの作成~

テーブルの作成

migrationファイルの作成

以下のコマンドを実行してマイグレーションファイルを作成します。指定するファイル名を「create_hoge_table」にすると、hogeテーブルを作成するためのコマンドが追加されます。

$ php artisan make:migration create_hoge_table
Created Migration: 2019_04_15_063922_create_hoge_table

コマンドが成功すると、database/migrationsフォルダにファイルが作成されます。

$ cat database/migrations/2019_04_15_063922_create_hoge_table.php
<?php

use Illuminate\Support\Facades\Schema;
use Illuminate\Database\Schema\Blueprint;
use Illuminate\Database\Migrations\Migration;

class CreateHogeTable extends Migration
{
    /**
     * Run the migrations.
     *
     * @return void
     */
    public function up()
    {
        Schema::create('hoge', function (Blueprint $table) {
            $table->bigIncrements('id');
            $table->timestamps();
        });
    }

    /**
     * Reverse the migrations.
     *
     * @return void
     */
    public function down()
    {
        Schema::dropIfExists('hoge');
    }
}

マイグレーションの実行

以下のコマンドを実行するとdatabase/migrationsフォルダ配下のマイグレーションファイルのうちまだ反映されていないものが一括反映されます。

$ php artisan migrate

直前に実行した反映を取り消した場合はロールバックを実行します。

# php artisan migrate:rollback

全てのマイグレーションをまとめて取り消す場合はリセットを実行します。

$ php artisan migrate:reset

以上です。

コメントを残す